ホーム採用情報 › 看護職員採用情報 › 歓迎 キャリアナース

このページを印刷する

歓迎 キャリアナース

キャリアナース教育体制について

  キャリアナースが新しい環境で人と場所に慣れ、自分らしく成長できるように支援するために教育体制を整えることは、重要なことです。キャリアナースが培ってきた経験を基に、一人一人に適した指導を実践し、スムーズに職場に適応し、キャリアを積んでいけるように支援しています。 
 当院は、新人研修同様、キャリアナース教育にも力を注いでいます。今まで培ってきた経験を大切に、そして新しい職場での不安をいち早く取りのぞけるよう体制を整えています。

キャリアナース教育体制の基本

当院は、「プリセプター・チューターシップ混合型」を基本に、キャリアナースの経験を共有し、ともに育つ
環境作りを目指しています。
 体制の構成は図のように看護部の継続教育の中に位置し、「導入時のキャリアオリエンテーションプラン」「チューター制」「面接」「OJT研修」「技術チェックリスト」「表現の場の設定」の6つの要素から構成しています。

1.キャリアナースの指導はチューター制

 経験のあるキャリアナースの指導体制はチューター制をとり、チューター(卒後3~10年の受け持ち看護師)を中心に支援する体制です。チューターは、良き相談相手となれるよう臨床実践能力と知識を持ち、チーム医療において、良い人間関係を築けるナースを選出しています。

2.看護技術のフォローアップ

 各病棟の診療科に関わる疾患の理解や看護ができるように、担当医師や教育担当看護師による講義や演習も実施。 技術チェック時の追加説明や確認もあります。
 

3.オリエンテーションプラン

 実際入職してから受ける入職時キャリアナースオリエンテーションプランをご紹介します!

 ・入職後1~2週間は日勤勤務です。勤務の終了1時間前に、職場を離れ看護部で自己学習の時間を設定しています。 職場を離れることで、その日の振り返りや復習が冷静にできます。
 ・オリエンテーション中は、必ず定時帰宅とし、生活のリズムを整えます。精神的にもゆとりを持つことが大切です。
 ・看護師として働き、経験を活かす場を持つことでキャリアアップへのモチベーションを保ちます。
 ・ミニレクチャーやe-learning等で配置病棟の業務を習得し、チームメンバーとしての業務を円滑に実施できるよう見学します。実際にパソコンを操作して電子カルテにおける看護支援の入力も練習します。

先輩キャリアナースの声


平成29年入職
消化器内科・糖尿病内分泌代謝科病棟勤務

 私は40代で初めて総合病院で正社員として働き始めたキャリアナースです。先に育児と介護を経験し、他院パート外来看護師や開業医、老健看護師など、その時々の家族の状況に合わせて働き方を変え、現在に至ります。ブランクの多い道のりでした。そんな私がこの職場を選んだのは、若いときから憧れていた「人道・博愛精神の日赤の看護師になりたい、さらにスキルアップしたい」という気持ちと、PNSが導入されているからという理由です。受け入れてもらえるのだろうか、周りについていけるのだろうかと、最初は不安だらけでしたが、思い切って飛び込んでみて良かったと、今4年目を迎えて心から思います。
PNSは看護師同士が協力して業務を行うことで質の高い看護ケアを提供することを目的とした看護方式のことですが、ペアで動くことでベテランの経験を「見て・感じる」ことができ学びを深められますし、相談もしやすいため安心感があります。何しろ、日赤の職員は皆温かいです。忙しいときには心折れそうになることもありますが、周りの皆に支えられ、今日もこうして現場に立っていられるのです。お休みの希望も通りやすく、おかげで楽しみにしている息子のサッカーの試合も観に行くことができて、公私ともに充実した日々を送れています。今の環境に感謝しつつ、今後も少しでもチームの一員として貢献できるよう頑張っていきたいと思います。静岡日赤はキャリアナース受け入れ態勢抜群ですよ。あなたも是非、飛び込んでみてくださいね。


 
 

令和2年度入職
救命救急センター勤務

 私が静岡赤十字病院に就職し、あっという間に半年が経ちました。前職は施設で働いていた為、医療の現場に戻ることに大きな不安を抱いていました。しかし、職場に徐々に慣れていけるよう、就職し最初の1週間は1時間早めに現場を離れ、自己学習の時間としてその日の勤務中に疑問に思ったことを調べたり振り返りをしたりと有意義に使うことができました。また、同時期に入職した他部署のキャリアナースとも情報交換をしたり共感し合う場としても活用でき、不安は徐々に解消されていきました。
 今年は新型コロナウィルスの流行があり、予定されていたオリエンテーションのほとんどが中止となってしまいました。そんな中、資料を配布して頂いたり、職場ごとでのオリエンテーションにも新人さんと一緒に参加させて頂けるように配慮して頂き、職場のスタッフにとても感謝しています。職場のスタッフ間の雰囲気がとてもよく、なにか困ったことや疑問があった際にスタッフ誰でも聞きやすかったことも、徐々に仕事に慣れていくことができた大きな要因でした。
 新しい職場で働くことを決心したキャリアナースが抱える不安は人それぞれだと思いますが、サポート体制がしっかりしているこの病院でもっと多くのキャリアナースと一緒に働けたらいいなと思います。

 

 
 

令和元年度入職
脳神経外科・脳神経内科病棟勤務

 私がキャリアナースとして就職したのは、新卒から3年目の7月でした。まだ看護師としての経験が浅く新しい環境で働き始めることに不安を感じていましたが、看護部の方をはじめ病棟の看護師長さん、スタッフの皆さんが優しく迎え入れてくださり、心から安心したことを覚えています。
 入職してすぐの2週間は定時の1時間前に看護部で自己学習をする時間があり、1日の振り返りの時間にあてることができました。慣れない環境で働き毎日緊張していましたが、家での休息の時間をしっかりと取れたため疲れを持ち越さずに仕事することができ、ありがたかったです。病棟では、わからないことを聞けないような雰囲気やキャリナースだから出来て当たり前だと思われるような環境はなく、一つ一つ丁寧に教えてくださいました。病棟の師長さんがとても気にかけてくださり、今後どのようにステップアップしていくか一緒に考えてくださったので、安心して仕事に慣れることができました。病棟のスタッフは明るくて、患者さんへの対応も丁寧なので、良い環境で働けていることに感謝しています。キャリアナースで働く病院が静岡赤十字病院で良かったと思っています。